中国 国際結婚 手続き

中国国際結婚手続き-ねむしし
トップページ中国人との国際結婚手続き中国国際結婚SNS中国滞在日記中国IT革命中国生活
中国祝日中国記念日中国留学リンク集中国画廊サイトマップ

現在位置: トップページ > 中国滞在日記 > HERO的上班奮闘記 > 2004年04月


HERO的上班奮闘記

2004年04月

Time: 30号(星期四) Title: 明日から1週間休みだぁ~!

・・・とは言ったものの、特に何の計画もありません。体に少しガタがきているので、基本的にはゆっくり休みたいところ。按摩院にでも行こうかな。

どうでもいいことですが、今、油麦菜にハマっています。辞書によれば、カラスムギによく似たムギの一種だそうですだが、そんなことはどうでもいいです。とにかくウマい!あの香ばしいカホリは非常に魅力的 キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!! 油麦菜愛好会会員、現在募集中。

人民日報(2004年4月29日) 「北京で2人のSARS感染例を確認」

予想通り、また出てきたSARS。しかし、去年の今頃と比べれば何とも穏やかなものです。中国政府もバカではないということでしょうか(情報操作されているかも知れないですけど)。そういえば、去年、両親が大量に送ってくれた高級医療用マスクがまだ大量に余っています。せっかく送ってくれたものなので、捨てるに捨てれません。どうやら物置行きは確定のよう。マスク達よ、安らかに眠れ。

Time: 28号(星期二) Title: 今日、僕は真の北京人になった

ラブ(♂)&アイ(♀)昼休みのことです。息抜きも兼ねて朝陽門地鉄駅付近の電脳城に行ってみました。数十分して戻ってみると、自転車の姿は忽然と消えていました。北京には、「自転車を3回盗まれないと北京人じゃない」という格言があります。というのは、本当によく盗まれるからです (;´Д`) 。僕は今回なんと3回目!何はともあれ、北京人の資格を手に入れることができました (≧∇≦)ъ ナイス!めでたし、めでたしっと。

ブラックレトリバー夫婦のラブ(♂)&アイ(♀)を紹介しましょう。アイは非常に好奇心旺盛で、すさまじいパワーで押し倒してきます。本人(犬?)は喜んでいるのですが、こちらとしてはたまったものではありません。ラブは非常におとなしく、アイの悪さが過ぎると止めようとしてくれる・・・のですが、止めようとしてくれるだけで、実際には大した効果はありません。

Time: 23号(星期五) Title: 中国における就職活動について

今日は中国における就職活動について少し書いてみようと思います。今、現地採用者を増やす日本企業が増えてきている。日本の不景気のあおりを受け、派遣駐在員よりもコスト的に安く済む現地採用者を好む傾向が強まっているのです。かといって、諸手を挙げて喜んでばかりもいられません。やはり、質が求められるからです。日系大企業では、HSK8級は前提中の前提でしょう(8級を持っているといっても、コツさえつかんでいれば点は取れるため、実際の語学力における個人差は大きいですが)。日系企業は、日本国内の企業と同じく学歴・経歴を重視する傾向が強いです。入社してからも窮屈な雰囲気(ホームページ閲覧やメールの制限等)があるだろうし、個人的にはお勧めしません( ̄∇ ̄)ニヤリ。日系だから給料が高いとは限らないですしネ。

広州・深セン・香港といった場所はかなりの需要があります。転職も多く、人材の回転も良いです。しかし、人材の回転が良過ぎる企業は注意が必要。非常に疲れる仕事であったり、職場の雰囲気が悪かったりする場合があるからです。紹介業をやっている会社はけっこうありますが、個人でやっているところがお勧め。マンツーマンで、きめ細かいサービスが期待できます。自分も仕事を探しに広州に行って分かったのですが、工場地帯が多く、ひどいと周りには人っ子一人いません。買い物に行くのも一苦労。台湾系の企業等は香港に中国本社を構えている場合が多く、週末に香港の銀行まで給料を取りに行かなければならない・・・なんてことも。おまけに回りは広東語。か弱い僕には到底耐えられそうもありません ヾ(〃 ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄〃)ノ ハロハロー♪

チョコ北京・上海は需要が無い訳ではありません。他の地区に比べれば少なめ、というだけです。情報雑誌の求人欄をよくチェックし、積極的に応募してみるのも吉。北京・上海で良い就職先を見つけるためにはコネが必要です。日本人、中国人を問わず、積極的に交流していくことをお勧めします。就職とは関係なさそうでも、実はある大企業に知り合いが・・・なんてこともあり得るからです。中国は日本よりも物事が人間関係に左右される割合が高いです。目に見えない日頃の着実な努力が最後に実を結ぶのです。

最後に、実家にやってきた新しい家族、ミニチュアンダックスフンドの「チョコ」ちゃん(右の写真)を紹介しましょう。まだほんの赤ちゃん。母曰く、先住のブラックレトリバーの夫婦はこの子があまりにも小さいの困惑しているそうです。我が家の人間と犬の人口比率が同じになりつつあります。犬に主導権を握られる日も近い!? キャ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

Time: 20号(星期二) Title: Fビザ、延長(制限解除)成功!

今回中国に帰ってくる前に、2年のFビザ(マルチ)を申請してきました。しかし、これは2年間ずっと中国に滞在できるビザという訳ではなく、1回の滞在期間が30日間という制限があります。今回はこの制限を解除した形になります。延長(制限解除)費用は1000元。Fビザには3ヶ月(シングル)のものもありますが、これで来ると3ヶ月毎の延長に700元かかり、最長1年までしか延長できません。最初の申請料金は高い(3万円)ですが、ビザ再取得や急用のために出国することを考えれば、割に合うはずです。ただ、普通の申請方法ではこのビザは取得できません。いわゆる「裏ワザ」を使うのです( ̄∇ ̄)ニヤリ。ちなみに、自分が法律事務所にいることの違法性についてですが、「実習生」という立場であれば違法ではありません。

(≧∇≦)ъ ナイス!

どうして就労(Z)ビザを申請できないのでしょうか?中国司法部は、外国人が自国の法律に深く携わることをひどく嫌っています。法律の運用等は一種の国家機密に属するもので、そのノウハウを外国人に知られたくないという訳です。広い観点から見た場合、中国は外資企業が進出して来ることを快く思っていません。外資企業が中国で事業を展開する場合、基本的に中国公司との合弁という形になります。更に、合弁公司内における出資持分においても、多くの場合、外資企業は49%までという制限があります。つまり筆頭株主になれず、最高発言権を得られない、ということです。何故?それは、サービス品質、製品品質において差があり過ぎ、外資企業の単独進出を許した場合、国内公司が一気につぶれてしまうからです。しかし、この状態も長くは続きません。WTOに加盟したことによって国際ビジネスに公式的に参加するようになり、外国勢に開放を迫られる一方、国際競争力が一向に上がらない中国。中国政府は今、非常に焦っています。

Time: 14号(星期三) Title: 中国生活紹介DVD Vol.6、完成!

成都小吃中国生活紹介DVD Vol.6が完成しました。毎回新しいソフトや技術を導入すると、毎回研究しなければならないのが玉にキズ。まあ、何はともあれ、完成して良かった、良かった。デキの方は・・・見る人に判断を委ねるしかありません。特に事情が無ければ、次の日曜日にでも披露しようかと考えています。

今、北京は綿がすごいです。暖かくなって柳の花が一斉に咲いたため。口を開けば綿が入ってくるので、呼吸をしたくないのですが、生きるためには仕方がありません( ̄∇ ̄;。

最近、「成都小吃」にハマっています。簡単に言えば、庶民食堂のチェーン店です。安くてうまい。特にチャーハンやどんぶりものがお勧め。5元ぐらいで腹いっぱい食べれます。あまれば、容器に入れて持ち帰り、夕方腹が減ってきた頃にまた食べるという手もあります。中国を本当に知りたければ、庶民階層に溶け込んで生活することが必要。そうですよね、大山尊師( ̄∇ ̄)ニヤリ?

Time: 06号(星期二) Title: 中国生活紹介DVD、制作再開!

結婚写真ある人の熱い要望により、中国生活紹介DVDの制作を再開することになりました。ソース(材料)は、撮り貯めてあったものがあるので没問題。新しい制作ソフトも極秘裏に入手&導入してみたので、今までとは少し趣向を変えて制作してみようと思っています。

最近、うちの法律事務所は20人以上の新人を採用し、大規模の配置換えを行いました。自分は新しく入ってきた日本語翻訳専門の人と英語翻訳専門の人と共に、翻訳の需要増加に伴って新しく新設された翻訳室に移動。新しい環境に移り、心機一転して頑張りたいものです。

遅ればせながら、日本で撮った結婚写真を掲載してみました。プライバシーの都合上、ガンダムモザイクですが。

Time: 04号(星期天) Title: 日本の老婆に電話をかける!

17968カード老婆といっても、けっして老いた婆さんではありません。中国語の「老婆」は「妻、家内、女房」の意味で、主に親しい間柄(友人間等)で使われます。友人から17910の国際(IP)電話カードを薦められ、留学時代によく通っていた対外経済貿易大学西門前の電話カード売り場に行ったところ、売り場のおばちゃんに17968カードを熱く薦められました。

売り場の都合で別のカードを薦められる場合があるので、こういう場合は友人の薦め通りに17910カードを買うべきなのですが、おばちゃんの目が異常に鋭かったのです。「これは意図があって薦めている目では無い!」と、心理学専攻の僕のカンが叫びました。ということで、17968カードを購入。18元ボーナスの118元で、実際の売値は40元。17910カードは100元(ボーナス無し)で41元ですから、値段的に見てもリーズナブル。夜、さっそく試しにかけてみましたが、効果は非常にGOOD!音が全くとぎれず、それでいてなかなかにクリア(日本にかける場合はKDDIの回線を使用するようです。品質が良いのはこのため?)。これは非常にお薦めのカードです。

Time: 02号(星期五) Title: 大山の真相に迫る!

大山(英語名:Mark Rowswell)これがウワサの大山。英語名は「Mark Rowswell」というそうです。中国語のホームページを読みあさり、彼について少し調べてみました。北京に12年間住んでいますが、警備が比較的しっかりしていて綺麗な、いわゆる外国人マンションには住まず、一般庶民の中国人と一緒に生活したのです。彼の中国人らしい中国語は、この生活の中で身に着けたもの。ちなみに、奥さんは中国人。中国語を勉強する外国人にとって、大山はまさに鏡。これからは大山尊師と呼ばせていただくことにします。

大山尊師を研究してみると、やはり、中国人と中国人らしい生活をしないと生きた中国語は身につかないことを痛感。現在、自分が置かれている環境は、週末ぐらいしか日本人と交流することがありません。中国語の勉強にはまさに理想的な環境と言えます。

 

NEXT

* TOP  BACK *


Twitterボタン