中国 延吉 結婚手続き

中国国際結婚手続き-ねむしし
トップページ中国人との国際結婚手続き中国国際結婚SNS中国滞在日記中国IT革命中国生活
中国祝日中国記念日中国留学リンク集中国画廊サイトマップ

現在位置: トップページ > 中国人との国際結婚手続き > 中国延吉での結婚手続き


中国延吉での結婚手続き

投稿者 M・S
2005年03月16日現在

成田から北京までの往復切符36500円。保険料と航空使用料全部合わせて、40000円。HISで購入。ビザは必要なし。

12月6日(土)北京に着く。北京の友人宅に行く。30分かかる。彼女の生年月日が陰暦だったことに気づくがもう遅い。

12月7日(日)公園に行きフリスビーで遊ぶ。昼に食事をして、日本円を換金する。一万円で750元。6万円換金。北京から長春まで一人232元。

12月8日(月)長春に着く。結婚手続きの場所まで、20元。約10分。ここでタクシーの運転手に日本人と言うと、お金を多く取られることもある。韓国人と言えば大丈夫。

結婚証明書の発行。写真代も含めて200元。礼服でなくてよい。書類は全部で3枚。番号はパスポート番号を書く。仕事は無と記入した。入国の時の証拠にパスポートの後ろに押された印鑑はチェックした。

12月9日(火)、朝8時半に出て、9時に着く。35元。一時間待って、問題3つ答える。

親戚関係、血縁関係がありますか?あなたの体の情況について知っていますか?結婚を希望するか?

近くに買い物に行き、行きは9元、帰りは8元。10分くらい。

午後1時から2時まで。午後一時に行き、一時間くらい待たされる。結婚証を取る。95元。写真が1枚あり、結婚公証書の写真が3枚必要で25元。公証書の会社の人にただで送ってもらう。

公証書を作成する場所で結婚公証書と国籍公証書と出生公証書を作る。お金は480元。午後4時半に全て終わる。タクシーで駅まで行き、9元。長春から延吉まで2人190元の汽車の切符を買った。

公証書の手続きに行く時、値段をタクシーの運転手と決めていったほうがよい。また公証書の手続き後、買い物をしたい時は汽車の駅近くで買い物できる。

12月10日(水)、食事をし、延辺大学に行き、親戚の家に行く。

12月11日(木)、親戚の家で一泊し、そのあと、結婚写真を撮りにいく。近所の知り合いに頼んだので、300元で済んだ。写真撮影に行く時、思い出のために一人呼んで、カメラで撮ってもらったほうがいい思い出になると思います。普通は1000元以上かかるみたい。結婚した時祝いとして飴を買い、プレゼントする習慣が中国にはあるみたいです。これが結構高くて、普通の買い物一袋50元くらいする。それを3つにわけた。結局それを親戚も北京の友人も合わせ買い物一袋を4つ分買った。

12月12日(金)、北朝鮮の国境に行きました。行きはタクシー40元。帰りはバスで15元。延辺に戻り、彼女の故郷、和了に行った。30元。親戚の家で過ごし、一泊する。

12月13日(土)和了から延辺までタクシー40元。延辺から北京までのチケット購入。二人で604元。25時間。延辺で友人がお世話になっている友人を呼んで結婚祝いでご馳走する。100元くらい。おみやげ購入。

12月14日(日)延吉から北京に移動。25時間。

12月15日(月)北京に着く。そして、ベッドのない汽車の切符を買う。200元。

12月16日(火)北京から成田へ。

結婚手続き費用:1750元、2万8000円くらい。

北京から長春まで二人で400元、7000円くらい。

成田から北京まで(往復) HISで36500円、空港使用料、保険料合わせて、40000円。

注意事項

持って帰らなければいけないものは、

結婚公証書2枚、国籍公証書2枚、出生公証書2枚、彼女(中国人)の写真4cm×3cmを2枚。

中国に行く際、万が一何かあった時のため、戸籍謄本を必ず余分に持っていくこと。

独身証明書について彼女の誕生日は陰暦でも大丈夫でした。彼女がずっと陰暦で登録していたので。

入国管理局に行く際、8枚の用紙を書かなければならない。彼女、家族の名前、年齢、住所、電話番号が必要だった。

 

* TOP  BACK *


Twitterボタン