日本 先に 結婚手続き

中国国際結婚手続き-ねむしし
トップページ中国人との国際結婚手続き中国国際結婚SNS中国滞在日記中国IT革命中国生活
中国祝日中国記念日中国留学リンク集中国画廊サイトマップ

現在位置: トップページ > 中国人との国際結婚手続き > 中国人と日本で先に結婚手続き&中国河南省に事後報告


中国人と日本で先に結婚手続き&中国河南省に事後報告

投稿者 かんつ
2010年03月06日

「中国人と日本で先に結婚手続き&中国には後から報告」パターンでの私の入籍体験談が皆さんの参考になればと思い、投稿させていただきます。

結論からいうと、中国側での結婚手続きは旧正月であったため、時間的に諦めました。また、日本よりも先に中国側で結婚手続きを済ませておけばスムーズだったかもな、とあとから思っております。

私は日本人女性で、彼が中国・河南省洛陽の男性、 ふたりともベースは日本に置きながら生活をしているふたりのパターンです。

STEP1 日本で入籍手続き~市役所

●婚姻届(茶色のあれです)

ふたりの署名・ハンコ、保証人ふたりの署名・ハンコも必要です。日本人側が新たに戸籍筆頭主になりますので、任意の本籍地を決める必要があります。

私の場合は、私が戸籍筆頭主、名前は改正せず、本籍地は私の実家へ変更しました。

その際に必要な書類は以下の通りです。

国籍証明のかわりにパスポートで申請したかったので市役所に休日に提出したかった私たちは、事前の平日にパスポートだけ見せにいきました。

ついでに上記の書類もすべて持っていき、不備がないか確認しました。

国籍証明と独身証明書は同じ領事館で発行されるので、一緒にもらったほうが手間が省けます。

STEP2 平日だと即日/休日だと後日発行の「婚姻受理証明書」

●婚姻受理証明書

これは通常日本人同士だと必要ないので、自動的発行ではありません。平日なら即日、休日なら後日、市役所で申請をし、出してもらいます。

国際結婚の場合、この書類を中国領事館へ提出すること、とされています。

また配偶者ビザが必要な際は、この証明書が必要で、外務省へもっていき、認定のハンコをもらい(これが日本国が認める公的文書であるという証明)、その後に領事館へ提出すると、中国に行く際に必要なビザ(定住・親族訪問等)発行に必要な書類を出してもらえます。

以上が日本側の結婚手続きです。

外務省・領事館の話によると、「中国へは、領事館で発行される書類を中国の管轄省公安へ提出し、受理されると中国側でも結婚したことになるが、この婚姻受理証明書を領事館に提出しても中国当局が結婚したとは認めていない」と言ってました。

STEP3 中国側への報告

彼の実家は、河南省洛陽でしたので、彼の戸口薄が登録されている公安にまずは電話してみましたが、結局は「鄭州に問い合わせてください」ということになりました。

その際にお聞きできた結婚手続きに関する情報は以下の通りです。

「結婚手続きは不要、日本側で入籍しているのだから問題ない」

「できるとしたら、彼の戸口薄の“未婚”を“既婚”に変更することだ」

そして、その既婚に変える手続きの流れは次の通り。

●日本の市役所で発行される「結婚受理証明書」と「結婚後に作った新戸籍の謄本」が必要。

●これらを外務省に持っていき、公的文書であることを証明するためのサインとハンコをもらう。(無料。ただし外務省によっては即日発行できない場合もあるので郵送料が必要な場合も)

●その後、在日中国領事館に持って行き申請、ホログラムシールを張ってもらう(1通3000円)

●役所→外務省→領事館を経た書類を、中国の公安(戸口薄登記所)へ持って行く。このとき、中国語訳が必要ですが、当人が訳してもいいのかは確認できず。

●彼の戸口薄の“未婚”を“既婚”へ変更してもらえる。

ということで、私たちは、旧正月時期に帰省していたため、やはりなかなか電話が繋がらず、確認不足になりますし、公安が開いていなくて、「さらにはここでは分からない、あっちに電話しろ」、「こっちに電話して」とたらいまわしにされていたため、不安に思い、結局は中国側での報告を断念しました。

私たちは、中国をベースにはしませんし、いずれそうなったときでもいいか、くらいの気持ちになりました。

すでに中国人側が日本を生活のベースにされているカップルで、且つ今後も日本を暮らしのベースにされるのであれば、日本側の結婚手続きを行うだけでも全く問題はありません。

中国人側が中国に住んでおられる場合は、結婚前は来日するためのビザ取得が大変なため、ビザが比較的ゆるい日本人が中国へ渡って結婚手続きしたほうがスムーズである、ということです。

晴れて中国で夫婦になれたふたりは、来日ビザが取りやすくなるため、来日してから日本での結婚手続きをすればよいと思います。

また、日本をベースにされていても、入籍をとくに急がないのであれば、中国で先に結婚手続きをしてから、日本で提出するほうが、日本の結婚手続きはきちっとルールが明確なので、必要な書類さえ揃えばあっという間に入籍できますし、スムーズです。

わたしたちも急いではいなかったのですが、 先に日本で結婚手続きを済ませてしまったので、あとから中国にどのような形で報告すればいいのかという問題でずいぶん苦労しています。

日本で先に入籍すると、私は独身ではなくなるため、中国側の結婚手続きに必要な独身証明書が取れないので、手続きはできません。即ち、結婚手続きは一度きり、ということです。

ですが、戸籍が必要な日本の場合は、あとからでも結婚手続きができるので、中国の結婚手続きを先にしたほうがいい、という様々なご意見はこのためだったんだな、という感想です。

* TOP  BACK *


Twitterボタン