中国 国際結婚 手続き

中国国際結婚手続き-ねむしし
トップページ中国人との国際結婚手続き中国国際結婚SNS中国滞在日記中国IT革命中国生活
中国祝日中国記念日中国留学リンク集中国画廊サイトマップ

現在位置: トップページ > 中国滞在日記 > 中国吉林で旧正月を過ごすの巻 > 2002年02月02日


中国吉林で旧正月を過ごすの巻

2002年02月02日

午前中、ふと思った。そう言えば、電車に乗ってから今までお風呂に入っていない。お風呂に行きたくなった。

しかし、恋人やおばさんはまだ行かないらしい。1人で行くしかない。場所を知らないので、さすがに行きだけは恋人に連れて行ってもらった。

銭湯に入った。ここからは1人だ。店員が何を言っているのか全く分からない。かまわず入る。中は日本の銭湯とほとんど変わらない。ここで問題発生!体を洗うためのタオルが無い!いったん出て店員に尋ねよう。むぅ!?さっきは優しそうなお姉さんだったのに、今は怖そうなゴッツいお兄さんに変わっている。何か話しかけたら殴られそうなオーラをまとっている。だ、大丈夫なのか!?

意を決して尋ねる。「我要買・・・」、・・・タオルを中国語で何と言うか分からない。まずはジェスチャー。まゆ1つ動かさない。ヒジョーにまずい雰囲気だ。しかし、その時店員の左斜め上空にタオルらしきもの発見!ラッキー!すかさず指をさす。「1元」とジェスチャー付きで丁寧に値段を教えてくれた。見かけによらず優しいじゃん!

午後は中国吉林の中心の繁華街に向かった。朝鮮族が多い中国吉林市らしく、朝鮮族のためのデパートもあった。昼食は韓国料理を食べた。私としては、油が多い中国料理よりは韓国料理の方が好きだ。

しかし、ここでまたもや問題発生。プルコギを食べようと思ったら、豚肉が無いだって!プルコギと言ったら、やっぱ豚肉っしょー!?韓国料理の店だが、店員は漢族。無愛想に「没有」を繰り返す。まあ、無いものは仕方が無いので百歩譲って牛肉にした。

プルコギの方式は2種類あって、今回は油を逃がす方式ではなく、油をたっぷり敷き詰めたフライパンの上で焼く方式だったので、けっこう油っこかった。でも、プルコギもビビンバもなかなかに美味であった。

NEXT

* TOP  BACK *


Twitterボタン